• 緑
    さて、家財保険の相談をするにあたって事前に知っておきたいのが、補償の種類についてです。 前のページでは火災を挙げましたが、住宅や家電、家具が損壊するのは何も火災だけが原因で起こり得るわけではありません。
  • 模型
    火災保険というのは、持家でも賃貸であっても、どちらにせよ購入時や入居時に入ることになるものです。 ですが、家財保険というのはそこに含まれていない場合があります。
  • 手に乗る家
    保険の窓口、というと生命保険であったり傷害保険であったり、そういった人に関わる保険ばかりを取り扱っている場所の様に思えますが、他にも保険と名のつくものであれば色んなものを相談できることをご存知でしょうか。

どうやって選ぶか

カラフルRead more

補償してもらえるものとは

シルエット

家財保険の大切さについてここまでお話ししてきましたが、この家財とは、一体どういった家電や家具のことをさしているのだろう、とは疑問に思いませんでしたか?
どんなものでも補償されるのかというと、実はこれは保険会社によって定められている範囲内のものにしか適応されません。
ではどういったものが範囲内に含まれているのかというと、冷蔵庫やテレビ、洗濯機に電子レンジ、パソコンといった家電はもちろん、ソファやベッド、タンスや食器棚などの家具が含まれます。
ちなみに細々としていますが食器や服なども含まれます。反対に消耗品ティッシュやトイレットペーパー、洗剤など、そういったものは含まれないので注意が必要です。… Read more

先手を打とう

家のイメージ

自然災害にしろ盗難にしろ、そう簡単にあうものだろうか、そんな確立微々たるものではないのか、そう考えている人もきっと沢山いると思います。
ですが、考えてみてください。日本は地震大国で、ここ数年どこの地域だって一度以上程度の差こそあれ地震を経験しているはずです。
地震で被害を受ける確率は決してゼロではありません。
また、毎年シーズンになれば台風だってやってきます。強い台風だと大きく重いものを軽々と飛ばし、それは度々住宅へ直撃してくることがあるほどです。
それらと比べると火災の方が起こりにくいかも、なんて思うものですが、基本的に近隣の住宅との距離が近い日本では、自宅から火の手が上がらなくともご近所さんから巻き添えを食う可能性は十分にあり得ると言えるでしょう。
ですから、決して油断せずに家財保険の相談はしておくに限ると言えます。トラブルが起こってしまってからでは意味がありませんから、先手を打っておくことが何より大切です。
Read more